当院のご案内

看護部紹介

看護理念

私たちは、使命感と誇りを持ち看護専門職の役割を認識し、責務遂行の能力を養い看護します。

看護方針

  1. 患者様の安全に留意し病棟で提供されている看護の質がどのようなものであるか考え創造性のある看護を実践する。
  2. 命の尊厳と人権を守り、個を尊重する。
  3. 総合的な医療の安全を確保するため、自らのリスクマネジメントの徹底を図る。
  4. 看護の援助を必要とする人々が持つ問題を科学的・論理的にとらえ、臨床の場に臨む。
  5. 医療チームの一員として、医師や他職種と協働し、患者様との信頼関係を確立する。
  6. 組織の情報の共有化に努め、健全な病院経営に参加する。
  7. 看護専門職としての自己教育力を養い、互いに協力と理解による明るい職場作りに努める。
  8. 医療・看護・介護の良質なパートナーシップにより、地域や人々に密着した援助活動ができる能力を養う。
外来

当院は、外科、内科、整形外科、精神科、皮膚科を中心とした診療を行っております。
また、認知症、物忘れ外来、カウンセリング外来、睡眠時無呼吸症候群の検査・治療、退院後通院が困難な患者様に訪問診療を行うなど多岐に渡り積極的に治療を展開しております。
検査の設備も、最新のMRIやCTなどが完備されています。
救急車の受け入れも積極的に取り組んでおります。
救急指定病院・地域医療を担う中核病院の外来として外来看護師に求められる知識や技術も多様化・高度化しています。
より質の高い外来看護を目指し、自己研鑽に励んでいます。入院の短縮化により今までは入院で行われていた治療や検査も外来に移行してきています。
外来通院でも患者様が安心して診療や検査、治療が受けられる環境、また入院中から退院後もサポートできるよう、多職種と連携をとり、お手伝いをするとともに人を大切にする看護を提供しています。

一般病棟
  • 病床数71床
  • 有料個室8床
  • 重症加算室1床

一般病棟は、内科・外科・整形外科等の急性期混合病棟です。
病気やケガをされた方の入院治療・回復を目的とした病棟です。
検査、手術が必要な患者様や、脳梗塞、肺炎、感染症、胃潰瘍など集中的な治療が必要な時期(急性期)から患者様の症状が安定してくる時期まで患者様を受け入れております。
病気の治療と並行し可能な限り早期からリハビリテーションを行い、効果的かつ密度の高い医療を提供し、全ての患者様の早期病状回復、早期社会復帰を目指しています。
また地域に密着した病院を目標に、退院後の福祉サービスの提供や家庭での生活指導などを積極的に行っております。
安心・安全を重視した医療と看護の提供、患者様やご家族との信頼関係を築き維持できるよう努めております。

療養病棟
  • 病床数44床
  • 個室なし

当院の療養病棟は医療型の療養病棟のため、医療保険の対象となります。
急性期での治療を終えて、引き続き医療提供の必要性が高く、病院での療養が継続的に必要な患者様や、病状が比較的安定した患者様が自宅や施設での療養準備が整うまでの期間、入院生活を送っていただくための病棟です。
入院中はリハビリや作業療法などを取り入れ、ADLが低下しないよう努めております。
療養病棟入院には申し込みが必要ですので、入院のお問い合わせは、地域連携室へお電話ください。

3階病棟
  • 病床数67床
  • 隔離室4床
  • 個室1床

3階病棟は男女混合の精神科閉鎖病棟で、統合失調症をはじめとした精神科疾患の急性期から慢性期、社会や家庭での生活に支障をきたした方等、様々な方を受け入れている病棟です。
日中は作業療法にて個々の趣味活動等を行っております。
患者様の訴えをよく聞く事でその方に合った対応を心がけ、適切な治療を受け早期に社会復帰できるよう、多職種連携し努めています。

4階病棟
  • 病床数37床
  • 個室なし

4階病棟は男女混合の精神科開放病棟です。
精神疾患や、認知症の患者様、長期治療や療養の必要な患者様、施設入所待ちの患者様などを受け入れている病棟です。
患者様は日中作業療法・リハビリテーション・レクリエーションなど行い日々を過ごされます。
住み慣れた地域へ退院するための退院支援も積極的に行っております。
入院前に病棟見学もできますので(事前予約)お問い合わせは、地域連携室へお電話ください。

各種書類ダウンロード